躁鬱病で悩む人も増えている【躁状態と鬱状態を繰り返す病気】

専門医に相談

悩む女性

スムーズな回復を目指す

躁状態を持つ人の治療は、薬物治療が中心になります。しかし、本人が受診や服薬を拒みがちで、治療には難儀することも多いです。躁状態の時を本人が病気だと自覚していないことが多いため起こることで、医師が入院を勧めても頑なに拒むこともあります。本来、入院治療が必要な人でも、協力できる家族がいれば、何とか外来で薬物治療を行いながら、危険性を伴う時だけ強制入院をするという方法もあります。しかし、服薬自体を勝手に止めてしまう人も多いことから、結果的に、入院となることもあるので注意が必要です。躁状態の治療にあたっては、心理教育をきちんと受けることが大事になります。病気のことをきちんと理解したうえで、躁状態、うつ状態など、今、自分がどんな状態にあるのかを把握して治療にのぞむとスムーズです。加えて、医師の処方通りに、服薬を続けることが大事です。また、なかなか自ら積極的に治療とならないことや、言動へのとらえ方が他人とは異なることがあります。そのため、家族や周囲の人が協力できる体制を整えてから治療をスタートするようにします。元気な時と落ち込んでいるときの差が非常に大きくなり、元気があるとさらにハイになって、周囲とトラブルになるようなことがあるなら、少し注意が必要です。人は嫌なことがあったときや天気が悪く暗い日には、気分が落ち込んで身体を重く感じます。一方で、嬉しいことがあり、天気が良いときには、気分がよくなり、体も軽く感じるなど、体調や気分の変動があります。しかし、このような変動は、長く続くものではなく、しばらくすると元にもどるのが通常です。ですから、小さな変動で双極性障害と診断されることはありません。ただし、大きな変動ですでに周囲との間でトラブルが発生しているようなら、双極性障害に伴う体調や気分の変動が起きている可能性が高いです。躁状態の診断基準の症状をチェックすると、もしかしたら自分もと考えたり、周囲に似た症状の人がいると気づきがあったりするかもしれません。症状が弱く、継続時間が短い、同時に見られる症状が少ない場合は、あまり問題ありません。しかし、躁状態があり、もしかしたら双極性障害の症状ではないかと考えるなら、正確な診断は専門医に相談することが賢明です。

Copyright© 2018 躁鬱病で悩む人も増えている【躁状態と鬱状態を繰り返す病気】 All Rights Reserved.